カンタラ: 私たちはよく盲目的になり、偏見に満ち、その上間違っていることが多いことを受け入れなければなりません。それは、ただ人間とはそういうものだと。
クリス: そう思います。「完全に正しい」と主張する人には、慎重でなければなりません。
ミオク: 絶対的な傲慢さは、存在するかもしれないが、「絶対的真理」を人が感じることは滅多にない。
カシム: Feyerabendは、彼の墓で笑っているだろう。あなたは、あなた自身のロジックを破って、正しいことを言ったのだから。
Ningen no Karamiai - T Nyuufiiruuzu yori no e to shi

なんと容易に私たちは
様々な色に夢中になることか!

心地よい形になんと
私たちは魅了されることか!

あなたは何年もの間瞑想を行い、
そして感覚を研ぎ澄ませ、
悟りの状態に
入っているのかもしれない。

悟りの状態を意識しなくなった瞬間、
幻想状態が訪れる。

人間の傲慢は、
必ず混乱を招くと明るく
冗談交じりで宣言する。