グウェン: ああ、この地球上にまだ知られていない生き物がたくさん存在しているんだね。
多良: ええ、それは私たちがまだ自分自身をわかっていないってことかな。
ノエル: え?神秘主義の話ではなく科学のことよ。
多良: そうね。でも、ほとんどの人の"科学"の定義はあまりにも狭すぎわね。
オラ: そうかもしれない。実際にそれぞれの科学的な理論は「自分は何なのか?」
という疑問を投げ掛けるようです。


雲の遥か向こうで輝く星を越えたところに、
青白い陽光とメタン雨の世界がある。

凍った水素と金色のもやの世界、
そこは、私たちがまだ見ぬ生き物たちが、
発見されるのを待っている惑星。

私たちのとてつもない冒険は、
いつ実現するのだろう。

いつか、私たちが夢に見た地球外生物を越える、
意外な生き物の形態に遭遇する日が来るでしょう。