Eko Piisu - T Nyuufiiruuzu Yori no E to Shi

『エッシャー氏が茶室に入ったら』

~エピステモロジーの探求~

もしエッシャー氏が茶道をしていたら、
何が見えるのか。

茶碗はひっくり返り、
茶筅は逆さまなって飛び跳ねるかな。

足袋は畳の上を、
すり足しながら進むだろうか?

すべてが、シュールな悟りに向かって螺旋を
描くのではないだろうかか?

それとも、
すべての茶人が信じる神話を見るのだろうか?

茶碗が私たちの唇に触れるとき、
すべての言葉が消え去り、
至福に至ることは明らかではないでしょうか?