二十年前、アイオワ州のトウモロコシ畑の中で、
胡座をかいて、目を閉じ、
そして各々の鼻孔を通して穏やかに息を吐き、
私の心がゴールデン・コーン・マッシュになるまで、
瞑想しました。

知性すっかり麻痺たとき、
私は魅力的なナンセンスで聴衆を魅了するカリスマの言葉を聞いた…

「純粋な意識というものは花樹液のようなものだ…
そして、命のすべての色はそれから来る。」

あれから20年、入江からは遠い木立の側で、
私は静かな平和の瞬間を経験するために、相変わらず目を閉じ、
そして、時に、愚かにもこのような考るにいたりました。

「純粋な意識はナンセンスではない。
私たちが人生で経験することにはなんの意義もない。
しかし純粋な意識を持って生きるならば、それは意義深い。」
Yonjussai no tanjōbi - T Nyuufiiruuzu Yori no E
ロン: 瞑想は時間の無駄ではないですか?
レックス: いえ、それは時間外に出るチャンスです。
リス: それは幻想です。我々は常にイベントの流れに結び付けられています。せいぜい、我々は時間の我々の知覚を遅らせることができます。しかし、時間は、私達がそれを認めているかどうかに流れる。
レックス: それは標準の考え方です。もう一つの考え方を言います。私たちは時間を「製造」します。時間は、ただ、私達に起こる何かであるわけではない。それは、私達が作成する何かです。あなたの意識を変えれば、時間の性質が変わるでしょう。
リンダ: (くすくす笑う)君たちは非常に多くの時間を憶測に浪費する。