バーラーテ: 裕仁は私にとって、英雄ではない。
大紀: ほとんどの人はおそらく彼の実像を知りえなかったと思う。
チャリヤ: 歴史的時代背景を考慮しないと天皇のことを議論しても無意味だと思うが、同時に彼の生きた時代は、日本と西洋の衝突は避けられなかった。
女士: それは裕仁天皇の名の下に行われた残虐行為に対する単なる言い訳だろ。
バーラーテ: ファシズムと近隣諸国への植民地政策は確かに悲劇を引き起こした。私が重視したい点は、独善的な偏った視点で見てはならないということだよ。
チャリヤ: うん、一方的に戦争責任を押し付けてはいけない。たいがいの人は自分のしたことを棚に上げて他人を責めるからな。
大紀: 後から考えてみれば誰にでも非はあるが、裕仁天皇のそれはあまりにスケールが大きい。彼の人生において、時に彼は軍国主義者であり、政治家であり、海洋生物学の学者で内気な老人だったと思う。彼のすべてを知る人はいないよね。
女士: 現代の人々にとって、天皇について関心があるのかどうかも疑問だね。
Tennou Hirohito - T Nyuufiiruuzu Yori no E  (TEN Sabu Yaku)  天皇 裕仁

裕仁 は
誰のための英雄だったのか
彼のために死ぬことは値したのか
	
彼は帝国主義者の操り人形だったのか
それとも
ヤマトタケルの剣の先だったのか

かつて
6千万人の民にとり
現人神であった天皇は
派手な軍服をまとい
三菱製戦闘機と菊の御紋に囲まれていた

しかし、今は
巨大な墓石の下で眠る
小さな骸

かのミッキー・マウスファンは
わずか1000日間で
世界の半分を征服した