ウィール: この人はジョン・ダンの詩を読み過ぎたようですね。
ワンツゼ: ええ。私たちの理解をはるかに超えることを、あれこれ推測することは無駄なことではないでしょうか。
カシム: いいえ。たとえ決定的な答えを得られなくても、疑問を持つことは無駄ではありません。
答えは年相応に変化するでしょうが、最も深い疑問は、残るからです。
Hoshi no Kobako - T Newfields Yori no E
私たちは、
自分の成長から無限の力を知ることが、
かつてできたでしょうか?

私たちは、
回転する惑星を超えた世界を理解することが
できるのでしょうか?

私たちの
心という小さな入れ物に、はるか昔の記憶を止めて
いるのでしょうか?

私たちの
箱に詰められた短い命は、日頃めったに思わない
何か深い暗示を指し示すのでしょうか?

想像の海を渡りましょう!
思考の境界線を広げよう!

宇宙に心を開き、
そして存在しているものあるいは存在して
いないものの両方に、
畏敬の念を示しましょう。