秀: 詩の評論を多く見てきましたが、私の意見では、詩は注釈無しの方が良いです。 詩には注釈など付けないほうがいいというのが自分の意見です。
ファニータ: 注釈は、余計な抽象概念を加えることになるわね。そして、しばしば、新鮮さを損なうことにもなるわ。
Ikita Kotoba - Nyuufiiruzu Yori no E to Shi to Taiwa
エラ: しかし、ほとんどの作家は、その創作過程で内面的に対話を行っていると思うわ。 ある詩について述べている詩は、ただ単に創作過程において考えたことがらを、反映させたものでしょう。。
ジャック: (突然、鼻をクンクンと鳴らして)もう、こんな強烈な匂いを放つ講釈はたくさん! 時々全部切り刻んでしまいたくなるよ。