百合: この詩は不確実性であふれているようにみえます。
レックス: それでいいんだよ。狂信者だけが疑念を持たないのですから。私たちが全ての信念に疑問を抱くのは、当然でしょう。
リンダ: 多分、疑いすぎて身動きがとれなくなってしまうのでしょうね。しかし、疑問ばかり抱いていては何も行動できません。そして疑問ばかり呈しているのは臆病者の印です。
レックス: バランスは、必要ではありませんか。確かに、何にも疑問を持たないのは愚かなことだよ。しかし、すべての事に際限なく疑問を持つのも、馬鹿げています。
ロン: あーあ、分析ってとても退屈!それにイライラさせられるよ!
Shòutāi - Nyuufiiruzu T Yori no E to Shi