言葉が沈黙へ消えるとき


Kotoba ga chinmoku e kieru toki - T Newfields Yori no E
言葉が沈黙に埋もれ、
イデオロギーが無言に変わる時、
そこに何が残るだろうか?

おそらく、いつも落ち着いた心をもたらす
幼少期の笑い声のかすかな共鳴。

永遠はどうやって限りあるものに、
意味を持たせることができるのだろう?