ガンサー: 疑問を持ちすぎると、疎外されます。
リャオ: 人間社会は、批判的な質問には寛容ではありません。
ナーヂャ: まったくその通りです。服従は子供の頃から教え込まれます。しかし、盲従は最終的に愚かなことです。あらゆる現象がなぜ起こるかを考えることはよいでしょう。
ビル: 疑問を持つのはよいですが、私は人間が現象以上の何かを理解できるものだろうかと、疑問を持ちます。世界はまったく複雑過ぎて、人間の一生は短すぎます。だからこそ規則が存在するのです。つまり、賢く規則を作れば時間の節約になります。
リャオ: しかし、そこには矛盾があります。つまり、盲従には知性がまったくありません。知性的であることは、批判的な疑問をも許容しなければなりません。実際に疑問を持つことで、多くの発見が得られます。
ガンサー: あらゆる物事には出発点があるのです。社会が強健で健康な時、批評と疑問は許容されます。しかしながら、まったく奇妙にも独裁者は圧力を歓迎すると言っていいでしょう。それによって、彼らは権力基盤を固める機会を得られるのですから。
ビル:: 結局、寛容は自信の表れです。不安定な政権は絶対服従を強く要求します
ガス: 君たちは私の頭の上にあります。 。 。私はこの擬似会話から切断され感じています。
Koushin Shadan: T Newfields no E to Shi (Saitou Noriko Yaku)