恐怖の色

なぜ、人はわざわざ、誰かを愛するのだろうか?
心を開く価値って、何だろう?
私たちはなぜ、他人を信頼すべきなんだろう?
私たちは、すでに十分、苦しんでいるのに

一人ぼっちは、楽ではありませんか ? 
厚い石の層で封印された心
内なる幸福を見出し、
精神を落ち着かせる事は賢明ではありませんか?

このような考えで、
しばしば、私は私の翼を切り取リました。
そして、親交のドアを閉じました。

禅で無我の境地に達すると、静けさは無意味だ
それは隻手の声の悟り:
すばらしく、無意味な平和。
Kyoufu no Iro - Nyuufiiruzu Yori no E
キャンタラ: この詩は何て女々しいんだろう。
ティム: ああ。恐れのある人は、決して人を愛せないよ。
ミオク: 人の愛は常に失望に終わるのになぜ、わざわざ愛するんでしょう?
ティム: あなたの質問は見当違いだよ。失望と苦しみは人生の一部だよ。失望とイライラはただ単に、私達がもっと学ぶ必要がある事を意味しているんだよ。
クリス: タバコを皮肉っぽく、プッと吹く) たぶん、私は学びたくないな。しばしば、無知であることは、幸せに満ち溢れているかのように見えるだろ。