フーリーダー: この詩の印象は?
ディミートリー: うーん! それを説明する必要がありますか。
フーリーダー: もちろんだよ!
ディミートリー: この詩は人間の力のなさを表したものです。権力を前に、抗することができない人間の弱さです。
悟: えっ!そうかな? 僕にとって、この詩は死に直面する前の人間の気迫が伝わってくるな。長時間、煮られながらも、めそめそと、泣き言も言わずビューン、ビューンと、鍋の中で勢いよく回っているところが・・・

 人間豆:

ヒューマノイドの存在への反芻



私たちは鍋の中のただの豆
火にかけられ、コトコトと、
煮えている
バーナーの火に
炙られ
蒸気に囲まれる

時々
仲間とぶつかりながら
沸、騰、点

だが、鍋が冷めた後
わずかな賢いひよこ豆は
生煮えの豆を見つめながら
気がつく

私たちが
火にかけられたのは
煮られるためでも
蒸発するためでもない

新しい宴の
開催を手伝うためで
あったことを