瞑想のために座す [Meisō no tame ni suwaru - T Nyuufiiruuzu Ni Yoru no Shi to E (Yoshida Noriko Yaku)]
暝想のために私が座ると、
私の中の悪魔も同様に参加します。

「君は本当に瞑想がしたいのかい?
時間の無駄ではないのかい?」
疑い深い声が聞こえます。

私が笑顔で「なぜだい?」と、言えば、
その声は、瞬間的に黙ります。

しかし、暝想し始めた途端 、
様々な悪党が現われます。

悪魔の1人は、
「おい!俺は魅力的なアイデアをたくさん持ってるぞ!
俺のことを聞いてくれれば、教えるぜ!」と言います。

この悪魔は、狡い賢いし、希望を操るのも上手です。

この悪魔から逃れる唯一の方法は、笑顔で「けっこうです。
私はすでに十分なアホですから」と、言うことです。

もし、私がこの方法をとるならば、
わずかながら静寂はやってきます。
しかし、まだ他にも多くの嫌なやつらは、
私の耳をつかむことを切望しています。

私たちは強い欲望、怠惰、勇気を持って立ち向かうこ
とや恐怖を忘れてしまった。

れらの幽霊は、負のエネルギーに繁栄します。
そして、何も提供せずに約束をすることが大好きです。

しかし、時には恵みを通して、
これら眠りの悪魔と獣によってスリップします。

そして、少なくともしばらくの間、
私は古代のエネルギーに浸れます。

ナディア: (ビールを手に) 悪魔のことをあまり心配すると、つまらないやつになります。
ワン・ジー: 賛成!「霊」について、あまりにも多くの心配は、無用の長物です
カシム:   (あくび) 私が考える哲学における1つだけの質問:
最高の味のアイスクリームを発見することができるだろうか?
ウィル: なぜ正直なこと言わない?あなたは不精と羨望、恐怖を膨らませてはいませんか?