Oukami wo Sagasu - T Newfields Yori no E
狼を探す
私たちの心の中にひとりぽっちの狼が
夜のとばりの中で遠吠えをしている。
どこか、私たちの中に潜む野生の中で
飢えた狼が足跡をたどっていく。
視野の範囲を越えて私たちの存在を
嗅ぎつけて、暗いオパールの目で
私たちのを見つめている。
人々は心の中に潜む獣から逃げようとして、
それらの熱き野生に直面することを恐れている。
原始の自分から脱出することは難しい
飼いならされた狼となってすべてを失う。

迷信によると狼の魂をもつ者は
老人や子供の血を好み、
ひよこや羊をご馳走とするという。
伝説によると狼の魂をもつ者は
戦闘的な面と逃げ足の早い両面をもつという
原始的な感動だけを感じるとはいえ
時折見る雪上の狐高の狼のどく姿の美的な感動
雌狼のとおぼえのわめき声の反響の詩的な感動
我々の最も恐怖している生き物は実際は存在せず、
我々の恐怖している生き物は我々の内なる一部だ
と思い出させる。
クリス: 私たちの心の中に住む獣をどうすればいいだろう?その問題は、誰もが答えを捜し求めていることであり、また人間が直面しなければならないことだ。
テリー: 伝統的な方法には、怪物を抹殺することです:人の心に潜むミノタウロス、オオカミ 龍を。
クリス: 私は、それが賢明なことなのかよく分からない。それより、それらと共存したほうがいいのではないですか?
ティム: ああ、でも君は、何かを忘れている:すべての獣が、平和共存の仕方が分かっているわけではない。もしあなたの中の獣たちを殺すことができなければ、少なくとも防護壁を作る必要があります。獣のようにではなく、人間らしくいる努力をしよう。