ガス: 私はこの詩には同意できません。トーンがあまりに暗いです。
ビル: それなら、あなたは完璧な市民です!理想的な市民は、どんなに証拠がある場合でも、彼らは自由であると信じるものです。
ガス: 私は『理想的である』と感じない。私は政府が全能だなんて思っていない。
Saibā minshu shugi - T Nyuufiiruuzu Ni Yoru no E 
真実からあなたを保護するために、
何重もの暗号化が必要であるか?

政府は、あなたがしているすべてを知っている。
すべての音声情報と文字情報は記録され、
誰もどうすることもできない。

ビッグブラザーはすべて見ており、
自由は制約の中でのみ存在します。

市民農奴には、君主の命令に従う以外の道はない。
君主が制御への渇望を持って以来、
一般の市民は、あらかじめプログラムされて、
あらかじめパッケージされ、
あらかじめ売られたものを聞かされている。