Ai no Hajimari   
愛子: この著者が愛について書くことに余りは、に年寄り過ぎじゃないですか。
白羅: 知らない。愛は年寄り過ぎことがありますか。