Kampeiki-na Amerikajin - T Nyuufiiruuzu Yori no E

完璧なアメリカ人


私の脳は縮んでいます。
ますます愚かになっています。
何時間ものテレビによって、
私の感覚は麻痺しています。

私はよくプログラムされた機械のように、
感情なしで働いています。
思いやりがほとんどありません。

私の生活は決まりきっています。
生産ノルマを達成することは簡単で、
それは、たいてい「正しい」と思われています。

しかし、私はどんな疑念や怒りも、殺さなければなりません。
なぜなら、批評家は落伍者のレッテルを貼られるからです。

実際に、ラオスは侵略されたのでしょうか?
チリでは、選挙に不正があったのでしょうか?
ワシントンが願ったので、ギリシャのリーダーは
いなくなったのでしょうか?
しかし、「事実」は記憶から消えていきます。

私は、まだ完全な市民ではないけれど、
政府によると
私は段々上手くやっていると、評価されています。

まもなく私は自由を愛する模範的なアメリカ市民になるでしょう。
ヤンキーは、指導者の命令には、いつも従う用意ができています。
それは、パブロフの犬と同じくらい従順だということです。