Ginzubaagu ni Sashiageru Omaaju - an art work by T Newfields

ギンズバーグに捧げるオマージュ

私の中の奇妙さとあなたの中の奇妙さは
20世紀のアメリカの奇妙さとは
比べものになりません
それは、環境へのレイプであり
自然へのファックであり、男色行為です
それらは、理解されることのない破壊行為です

それは、疑いなく 
重いカルマです
この汚染されたビッグマックのために
神を讃えるカディッシュを歌います

もし私たちが本当にバカげた聖歌を唱え
奇怪なハウルの一部が
目覚めるかもしれません

チャンスです
クローゼットの扉が開き
毎日起こる死を認識しながらも
詩はいつの時代も神秘的な潜在力を持っています
テリー: (彼女の頭を振って) 20世紀アメリカは、あんなに奇妙だったか?
テッド: ええ。多くの点で、アメリカは悪帝国と評されえた:マモンの化身は、キャピタル・ヒル周辺で快適に暮らしました。
テリー: そして、アランギンズバーグはそれについて何をしましたか?
ティム  (肩を肩をすくめて)何が出来できるでしょう? その怪物に名前を付け、目覚めを祈ることぐらいか。