シンディ: 人間愛は全く作者が説明することに似ていません。
白婁: とんでもない。 それは、神が必要である理由です。
愛子: 神?
白婁: うん。 それはすべての愛の首尾ではありませんか?
愛子: 本当にこの議論に入りたいと思いますか?
ドン: ふむ。「神」という言葉を聞くときはいつも、私の忍耐はすり減ります。
そのような不合理な概念について議論することにおける使用は何ですか?
白婁: 1つのおっしゃた言葉は正しいです。時々、単語は空しいです。
至上の愛とは
地上の束縛から解き離たれ
ただ空想の世界だけに
存在するのだろうか

至上の愛とは
距離を恐れずに
時空を超えても
容易に確かめ合える

至上の愛とは
嫉妬とは無縁の
あらん限りの信頼を
その愛に寄せえる
至上の愛とは
限りなく
寛容で
あわてて目的を達成する必要も無い

至上の愛とは
荘厳で
すべてにおいて余裕がある

でも
たった一つの問題は
このような愛が
この地球上で
育めるかということ

私たちが「愛」と呼ぶものは
もともとニ等級なのだろうか