Nagasaki - Nyuufiiruzu Yori no E (Hidari Bubun) 長崎

古い銀杏の木に、葉は青々と茂る
原子爆弾の閃光が炸裂し
歪んだ鋼鉄と砕けたガラスの山の側で

この暗い廃墟で
命は勝利を収めた
灰の上に
新しい緑の蔓がゆっくり伸びていく

自然は愚かな人間の行為を癒す
しかし、大量の兵器は
我々から人間性までも奪ってしまう
そのようなグロテスクな事実を忘れてはならない

長崎:それは、単なる中規模都市なのだろうか?

それとも、多くの障害の中にあっても
人間の精神は丈夫に育つという証なのだろうか?



大樹:作者は冗談を言っているようですか?

An-Yi:さー、ユーモアは戦争の恐怖を消化するのに役立つ塩のようなものだ。

Bhäraté:(一時停止し、そして唾を吐く)おそらく、いくつかの苦労は消化されるべきではない。
           いくつかの痛みを忘れることがないように、胃の中で腐敗する人もいるでしょう。

チャリヤ:(うなずいた)ええ、戦争が苦い風味があることを忘れてはいけません。

/
Nagasaki - Nyuufiiruzu Yori no E (Migi Bubun)