ティム: これは単なるパロディーだと思いたいが、残念ながら、本当のことが多いようです。
聡: ほとんどの教師は理想を持って教え始めるのですが、最後にはシニカルになってしまいます。
メリッサ: 多くの教師があまり考えることとなく、まるでロボットのように熱意もなく型どおりの授業をするだけになってしまうのは、危険なことなのかもしれません。
リャオ: どれほどの社会制度が、本来の目標とは正反対になっていることか。それが不思議です。 例えば、刑務所は犯罪者を訓練し、 軍は平和でなく、戦争を助長しています。 それに、学校は知性を養うのではなく、人間をより愚かにしていることが多いのです。.
ティム: それにはオーウェル風の「曖昧な話」のような巧妙さがあると言いたくなります。各制度は隠された構造によって、影を作り出しています。


名ばかりの教育 Na Bakari no Kyouiku - Nyuufiiruzu Yori no Shi to E (Saitou Noriko & Melissa Tsuchiya Yaku)
いったいどれだけの教師が、
その名に値するのか?

ほとんどは単に出席を取り、
答案を採点し、
文法の誤りを直し、そして
生徒の意見を聞くだけの存在になってはいないだろうか?

演ずることを知らない無能な役者のように教壇に立つ
なぜ、教師は退屈なひどい芸能人か、
さもなければ、
自身の方針を貫けないふがいない大臣のようなのであろうか?

どれだけの学生が真の教師に出会うのか?

彼らから何が学べると期待できるだろうか?