百合: 愚かに見えるのを承知の上で、大胆な質問をさせてください。私たちの航海がいつ終わるのかを、どのように知りますか?
レック: (ふざけて)鈍感のように聞こえるだろうが、間接的な答えをここに挙げます。自分自身がわかった時、どこから始めますか?
ロン: アー!:その点に戻るのはやめましょう。
リンダ: (その会話を無視して)私たちの文化は、知識ばかりに集中しているのではないでしょうか。知識とは大抵脆いものです。それに、確かに私たちが扱うことができる情報量には限りがあります。
ロン: (大きなゲップをして)情報は、誤認識も起こします。
レックス: 怪しげなアフロインディアンのアクセントで)それに知恵も、それは、価値があるものだと思います。
Jinsei to iu Tabiji