Kanojo wa wandā ūman ni chigainai! - T Nyuufiiruuzu Yori no E

彼女はワンダー・ウーマンにちがいない!


昨夜、私はプリンセスのような素晴らしい女性に出会いました。
彼女は、知的で、強くて、機知に富んでいましたが、現代に幻滅を感じていました。

彼女は、出自については、はっきり言いませんでしたが、
「神聖な任務」があると話しました。
疲れ切った私の耳にとって、それはナンセンスのように聞こえました。

「私は、世界をより良い場所にしたい。
正義、自由、平等のために貢献したいのです。
恐れることなく世界を育む手助けをしたい」
この賢明でまだ素朴なアマゾンは、勇敢に発表しました。

彼女は、何処かの古代ギリシャの島の出身でしたか?
あるいは、CIAの回し者だったのでしょうか?
彼女は、古代のエイリアンの技術を探していましたか?
それとも、彼女は忙しい一日の終わりに息抜きをしたかったのか?

彼女は陽気に「私をダイアナと呼んでね」と言った後、
「人はそれぞれ、世界平和に寄与できるのよ」と言った。

彼女は、もっと話したかったようですが、
ブレスレットが鳴り始めたため、急いで出発してしまいました。

あの人は、私が知っていた他の誰とも違っていたので、
信じ難い出来事でしたが、実際にあったことだと、結論づけました。
私は、ワンダー・ウーマンとコーヒーを楽しみましたが、
その後、彼女は青空の中に消えました。