マハリシ・マッシュ・ヨギ

矛盾を特有な言葉に変えて
この人は「悟り」に商標をつけ
そして、マントラをハンバーガーのように、
市場において効率的な方法で売りました。

白い絹のシートに囲まれて、
鹿の皮でできた玉座に座っていました。

彼は「現実」を売り込むことがいかに素晴らしいかを学びました。

シバのダンスを偽りの科学に歪めて変え
彼はスピリチュアルなものを熱望する人を、
商売上の客として見た。

ビデオ撮影が回り、カメラのシャッターが押されている間
このグルは、聴衆に喜びを与える代償に、
大金を払うよう催眠術をかけた。
Assaku Sareta Jikan - T Nyuufiiruuzu Yori no E to Shi (YOSHIDA Noriko Yaku)
安義: マハリシは、賢人か熟練した詐欺師だったのですか?
チャリヤ: 私は評価する立場にいません。実際には、誰も判断できないと思う。
バーラティ: これは、必ずバイナリのシナリオでしょうか。私たちはいくつかの方法で目覚め、そして他の方法では愚かことは可能ではありませんか。
大貴: 実は、問題は悟りではなく、マーケティングです。お金か名声がほしいと思ったら、ある種のフィクションを販売することは必要です。それは政治家と指導者と説教者がするものです:虚構を売る。
安義: その通りです。裸の真実はめったに良い販売製品です。ほとんどの人々が無視することを好む存在についてあまりにも多くの不快なことがあります。
チャリヤ: ええ!そして、おそらく我々は真実自体が理解できないので、フィクション必要があります。人間の脳は、宇宙の真実ではなく、小さなフィクションを扱うように形成されているようです。「宇宙の真実」を知っていると主張する人々は、しばしば傲慢で欺かれている。