読書の誘惑


さまざまな面で読書はセックスに似ている
言葉によって完全なる意図が明らかにされるまで、
徐々に読者を誘惑していくのだ

表面に現れるものは、単に偶発的な視点
熱心な読者は、
更に真の目的に向かってより深く探検する

試みは、深みへとはまっていく
テキストの衣を一枚一枚はぎとることで、
勇気とリスクを得る

まだあなたは、
言葉が想像力を解凍する方法を持っていると
気づくことができる
そして、知の滋養となる



ティム: 読書には、なんとも言えない魅力がありますね。
悟: 確かに。魅力的な文章は、自分自身で体験しているようなイメージを連想させる豊かな言葉が自然に流れ出てきます。
ティム: 文章はまるで錬金術のように魅惑的です。しかし、すべての文がそのような魅力を持っているとは限りません。
メリッサ: 確かに、ある文章は、堅苦しく知的であるが、他の文章は、官能的で流れるような感じです。
遼: そうなの?わからないな。その価値は、時と場合によって左右されるのです。この過程はロマンスに似ています。