Shikō no kate - T Nyūfīruzu yori no e
もしも、学校がレストランだったら
どんな料理が出るんだろう?

味気ないレシピ?
それとも独創的な料理?

メニューには、多くの料理が並ぶんだろうか?
それとも、選択肢はないんだろうか?

お客は、皿の上のものを残さず食べることを
強要されるんだろうか?
それとも、好きなものだけを食べることが
許されるんだろうか?

客は、どんな食材を食べさせられるんだろう

オーナーは、客の健康志向を優先するか
それとも、利益重視でゆくんだろうか?
悟: 学校がレストランなら、店はとっく潰れてるよ。
リャオ: おそらく、学生は選択できる立場にいるから、もっと品質管理を要求すべきですね。
メリッサ: 若い学生の声は、ほとんど聞かれませんね。社会教育を通して自分を再発見すべきだと思います。学校は、私達の価値観を映し出す反面教師のようなものですから。
ティム: 私が心配するのは、学生がミッキーマウスのように扱いやすい消費者に変えられてしまうことです。
リャオ: 責任の一部は学校にありますが、マスメディと家庭環境がますます人を馬鹿者にしていきますね。