春の詩 [Haru no Uta - T Newfields Yori no E
春の詩

陽の光は日を追って長くなり、
数え切れないほどのつがいが、
互いを求め合って鳴く声が響く中、
夜は優しく囁く咲き誇る花々の芳醇な香りが
一面に漂う綿雲が、
入道雲に成長し、
降り注ぐ雨が小川を満たし
大地を鮮やかに繁茂させる。
地球は再び緑を取り戻す