Toki o mitsumeru koseibutsugakusha: T Nyuufiiruuzu yori no e to shi
ナージャ: 私たちがいかに小さくてつまらないものかを、つくづく思います。
ウィル : それは確かにそうだけど、まるで大切なことかのように、
すぐ壊れてしまう砂の城を建てる余地はまだあります。
ワンゼー: (彼のワイングラスを見つめて)そうですね。ある意味では、私たちの人生はフィクションの創作物です。いくつかの神話をあてはめることで、私たちは自分が満足出来る物語を作ります。そして、各自が自らのばかげたフィクションを信じ始めた時、ようやくそのストーリーは「リアル」に見え始めます。