ノーエル: これは、山の賛歌ですか?
グウェン: そういう風に見えるね。
オラチップ: 山は賛歌を必要としない  ー 環境保護をする必要があります。
グウェン: それは逆方法ではない?山は生気のないから何が必要ですが、人間は保護が必要です何故なれば
ノーエル: いや、既に千回も聞いたことがある。
タラ: 談話の山に登ることは困難ですね。

サ ミ ッ ト

Samitto - Newfields T. Yori No E
天と地が接するときに気づく時、
星は手の届く範囲内にあると感じます。
我々の目が巨大な垂直構造で混乱する時代、
そして、雲は、雪をいただいた峰々と合流する。

単なる地質構造としてではなく、
また、あなたとあなたが望む場所との間に障壁もありません。
山々をこの惑星の生きた皮膚として認識しています:
とてもゆっくりと動いている岩の詩
見るのには数百万年かかる。