奇妙な恋愛事件:

アメリカ第40代大統領を回想する

Kimyōna ren'ai jiken - T Nyuufiiruuzu Ni Yoru no E
彼はホワイトハウスにハリウッドを持ち込んだので、
アメリカはレーガンを崇拝しました。

彼は質問が発生する前にその答えを知っていたので
彼らは偉大なオヤジを愛していました。

そして、彼の逸話は人生よりも大きく見えた。

彼は小さなリビングルームに死の谷の興奮をもたらしたので、
すべてのほとんどは、彼らは偉大なオヤジを崇拝し、
財布の大きさの心を持つ人々に大きなドラマを提供していました。

彼より上手くやれたのは、ミッキーマウスだけだったでしょう!
(彼に勝てたのは、ミッキーマウスだけ!)

唯一の問題は、スタイルが本質より重要視された場合、多くの問題が
笑顔で誤魔化され、全てがB級映画になってしまうことです。

みんな、あのカウボーイのレトリックにうんざりしているんじゃありませんか?
もっとマシな台本はないんでしょうか?
サム: どうしてあんなに多くのアメリカ人がロナルド・レーガンを賞賛したのか理解できません。
テリー: それなら、あなたは基本的な人間の心理を理解していない。 人々は物語が大好きです。これらの物語は、客観的な意味で「真実」である必要はありませんが、彼らは面白くて感動的でなくてはなりません。
クリス: 全くだ! 優れたフィクションは憂鬱な事実よりも優れている。
サム: レーガンは幻想とマニピュレーションの達人だったのか?
テリー: まさに! 彼はしばしばボンヤリしていて、彼は世界で起こっていることを詳細には理解していたことなどめったになかったが、彼は理想的なアメリカについての魅力的な物語を紡ぐことができた。
ティム: 奇妙に聞こえるかもしれませんが、オバマ氏はレーガンから多くのことを学んだと思います。
テリー: ええ。偉大な指導者は前任者から学びます。しかし、愚かな指導者たち彼らは「独特である」と信じ、歴史を無視することができると信じています。