単なるハンバーガーにすぎない?


それは只のハンバーガーでしょう?
違います!

それは経済基盤と
ロナルド・マクドナルドの価値観をサポートする事を意味します。

それは動物虐殺を認め
消費主義の含意をすべて受け入れる事です。

それは、人工の原材料、遺伝子処理、低賃金、
いらいらさせる広告を積極的に進める事を示します。

それは、わずかな人だけがカクテルやキャビアや牛肉を楽しみ
十分に食べられない数百万への無関心を示すメッセージです。

丸パンの間をよく見てください:
私たちが直面する必要がある問題が
あなたの皿にのっているバーガーにあります。

聡: これは何でしょう? ベジタリアンか何かの信条?
陰: そのようですね。 作者には、肉に対して相反する感情がたぶんあったのでしょう。
フリーダ: だけど 私たちは皆、肉でしょ。 ひもじい時は、私たちが皆むさぼり食われるのだから、なぜある食物を楽しまないの?
ヂミータリ: なぜなら、どんな尊厳死が屠殺場にあるのか疑問に思うからです。